新車 買う

新車をローンで買う

新車を購入するとき、あなたは現金で購入されますか?
それともカーローンを組んで購入されますか?

 

もし、あなたがカーローンを組んで新車の購入を考えられているなら、ローン会社はしっかりとチェックしておくべきです。

 

ローンを組みながら、カーディーラーには現金一括で払うといった方法もありますよね。
それが、各銀行などが用意している独自のカーローンです。

 

銀行に足りない部分の資金を融資してもらい、その現金でカーディーラーショップに現金を支払うといった方法になりますが、こういった銀行系の用意するローンの方が金利が安い場合があるので注目です。

 

カーディーラーショップの提携するローン会社ももちろんあります。
しかし、少し金利が高めに設定されているのにやや難があります。
審査に比較的通りやすいのはこういった要因があるからなんです。

 

審査にちょっとだけ手間はかかりますが、銀行からのカーローンの場合、その金利が安くなる場合があります。

 

車も大きな買い物です。
しっかりと情報収集をして、車を購入されてください。

 

新車独特のあのシートの匂いと光り輝くボディはたまりませんよね!
これから先、新車の購入を考えられている皆さん、是非、カーローンの比較を行ってください。

新車を安く買う

新車の購入を考えている皆さん、少しでも安く新車購入をしたいと考えていませんか?
おそらくほとんどの方がそう考えているでしょう。
しかし、現実には長年の経験のあるディーラーショップの営業マンの言うがままに契約が進んでしまい、通常通りの販売価格で車を購入することも少なくないと思います。

 

そんな時に重要になってくるのが値引き交渉です。
「値引き交渉をやる自信なんてない…。」なんて思っている人もいるかもしれませんが、ご安心ください。

 

誰しもそんなに口八丁でないのは当たり前です。
新車購入時の値引き交渉の際に必要なのは、そういった巧みな話術ではなく(もちろんあるに越したことはありませんが)ちょっとしたテクニックなんです。

 

ディーラーショップの営業マンの心理から考えてみましょう。
特に最近販売されたような人気車種になった場合、最大価格で車を売りたいと考えるのが当然です。
営業マンですから、少しでも会社に利益をもたらすことで評価されます。

 

ではどうして新車購入で値引きができるのか?
それについてご紹介していこうと思います。

 

新車はテレビコマーシャルを見てのとおり、販売価格が普通に公表されています。
新車を扱うでぃらーショップにとって、あの販売価格通りに車を販売できればいいのですが、競合がいるのでそうもいきません。

 

この競合のシステムをうまく利用して、見積書を複数獲得しましょう。
これだけで、数万円の値引きに成功する場合も有ります。

新車の値切り方

新車を安く買いたい…。誰しもが考えていることでしょう。
今回は、誰にでもできる、新車の値切り方についてご紹介したいと思います。

 

商人の街、大阪になると車以外でなく何でも値切ってしまいます。
「値切ることで売る側の人との関係性が悪くなるのではないか?」
「ちょっと横着な人間と思われてしまうのではないか?」
そういった風に考えている人も多いはずです。例えば、親戚や知り合いの営業マンのいるカーディーラーショップでの購入なら、そういった風に考えることも仕方ないことでしょう。

 

でも、よく考えてください。値切ったからと言ってそのカーディーラーショップがつぶれてしまう訳でもありません。
むしろ、若干値切った価格ででも車の販売台数を稼いだ方が会社としては儲かるのです。

 

この大原則をしっかりと頭に入れておきましょう。
そうするだけで随分交渉の仕方は変わってきます。

 

値切りの交渉に入るにももちろんタイミングがあります。
ディーラーショップの営業マンももちろん人間ですので、あなたの人となりや車の購入の意思をしっかりとみています。

 

そんな人相手に、いきなり「何万円安くしろ!」なんて言っても心象が悪くなって値切り交渉が不利になります。

 

まずは営業マンに新車購入の意志をしっかりと伝え、徐々に交渉に入っていくのが常套手段なのです。